30代の転職は、ホップステップジャンプで考えよう

f:id:xyz0624:20210124134717j:plain

 目前の転職だけ考えると失敗する

不満が原因で転職するのは良くないとよく言いますね。

キャリアプランを十分に考えた上で転職する方が面接でも通りやすいし、転職後のミスマッチに苦しむこともありません。

 私が実践した、30代向け、ホップステップジャンプの転職理論をご紹介します。

ホップ

現在地をホップの段階とします。

ステップ

目前の転職です。

ジャンプ

将来どうなっていたいか?大体40代のイメージです(IT業界は転職が多いので、30代のうちに2度目の転職すると想定します)。

 

①ホップ、②ステップ、③ジャンプそれぞれを明確にするために、

①と②、②と③、そして①と③は繋がってるか?と考えます。

 

私の場合

ホップステップジャンプにブレはないか?を下記のように吟味しました。

---------------------------------------------------------------------------------------

f:id:xyz0624:20210125114551p:plain

ホップステップジャンプ

ホップ

新卒で入ったITベンチャー給与に不満あり

資格取得し、スキルを磨いている最中

↑↓

ステップ

大手企業でスキルを磨ききり貯金もして奨学金を繰り上げ返済する。

ジャンプでの目標である、海外就職のため、英語を使う環境にあるグローバル企業に入る必要がある。

↑↓

ジャンプ

ステップで身に付けたスキルと英語力を元に、30半ばまでに海外就職!

---------------------------------------------------------------------------------------

赤字の部分にご注目ください。各ステップのつなぎの役割を果たす部分です。

まず、荒削りながらもジャンプのイメージをする。ジャンプの状態になるためにホップの状態の自分に今欠けている部分を洗い出し、その欠けている部分をステップで身につける、というイメージです。

 

ジャンプの状態を全く考えずに転職し、ステップがブレると、ジャンプの状態に到達するのが遅れる、もしくは転職の回数を増やすことになってしまいます。

 

まとめ

一手先まで考え抜いている人は、面接のやりとりでもブレません。

一つ先の転職活動を想定していることは、目の前の転職先の企業にとってもプラスになります。とりあえず入社して、ぬくぬく過ごそうと思っている人より、全力でその会社で成長する意欲を持った社員の方が組織で活躍してくれるでしょう。

 

どんな大企業でも一生面倒を見てくれるところはありませんので、明確な目標を持って転職活動を行いましょう。

xyz0624.hatenablog.com

xyz0624.hatenablog.com

 

xyz0624.hatenablog.com


 

IT未経験者に薦める業界でのキャリア形成 品質保証のオススメ資格

f:id:xyz0624:20210124133501j:plain
皆エンジニア目指しすぎ問題

コロナによる就職難で、リモートワークが可能なIT業界を目指している方が増えてきているのではないでしょうか。

よくエンジニアになりましょう!という広告を見かけますが、

IT業界はエンジニアだけで成り立っているわけではありません。

初心者でもキャリアを築きやすくて、競争率も高くない職種をご紹介します。

 

品質保証(QA)という選択肢

品質保証とは?平たくいうと、テストです。サービスにバグがないかチェックしたりします。

QAとは「Quality Assurance」の略で、品質を保証するのがおもな仕事となっています。商品が仕様どおりになっているか、クライアントの要求を満たしているか、正常に作動するのかなど、さまざまな角度から検証を行います。問題があればエンジニアに報告して、正しく修正されていれば完了、不十分であれば再度報告を行って、品質を高めていきます。

 

mynavi-agent.jp

 

IT業界で、新卒がよく任されるのがテストです。

テストを通してサービスの構造や、IT業界のイロハが学べます。QAからディレクター、プロジェクトマネージャーになる人もいます。サービスに一番詳しくなることもできるので、その後の応用も可能です。

 

エンジニアになりたいけどITの知識がない人にも、おすすめです。スキマ産業なせいか、こうした情報があまり広まっていない気がします。GoogleにもAmazonにも楽天にも、ITサービスを扱うなら必ずある職種です。 

 

バイトの求人もあります。小さくキャリアをスタートさせるのもありかと思います。

 

興味を持った方へ

QAを目指す上で、この資格があると役立ちます。

JSTQB Fandation Levelがあると、QAの基礎はマスターしたも同然です。

xyz0624.hatenablog.com

 


 

ISTQB/JSTQB 試験対策MEMO

(※本記事はQiitaに投稿していた記事のexportです

ISTQB/JSTQB 試験対策MEMO - Qiita)

使用した教材と利用方法

教材

-ISTQB公式テキスト


 

-テス友(無料で使えるJSTQB試験対策アプリ)  

-演習で学ぶソフトウェアテストソフトウェアテスト特訓150問   


 

-Udemy(英語)  

┗オンラインコース  

┗試験問題(4回分)  

-ソフトウェアテスト標準用語集 (日本語版)

http://jstqb.jp/dl/JSTQB-glossary.V2.3.J01.pdf

利用方法

「演習で学ぶソフトウェアテストソフトウェアテスト特訓150問」で要点把握しつつISTQB公式で詳細把握。その後テス検で成果を測定する、という流れ。

Udemyは英語対策のため試験二週間前から使用開始し、制限時間を意識するなど本番に近い形で試験問題を解きました。

※テス友の正答率は、正解率40%からスタートし、直前では80,90%まで上がりました。

アドバイス 

テスト設計で確実に得点すべし!

テスト設計の配点は、12/40!知識問題も応用問題も手を抜かず、この分野では必ず半分以上点を取れるようになろう。テストの基礎(7問)、ソフトウェアライフサイクル(6問)テストのマネジメント(7問)も捨ててはいけない分野。対照的に、レビューによるテストは出題が少ない傾向(3問)。   

 

比較が大事

教科書を頭から読んで丸暗記、は非効率。特徴となるキーワードを押さえる、似た用語との違いを表にするなどして、最短距離で合格しよう。  

⇨Udemyの講義スライドがよくまとまっています

 

テスト直前は、試しにカンペを作ろう

カンニングペーパーを作るとしたら?という視点で、今までの勉強内容を整理しよう。苦手に思っている部分、自信がない用語をA4用紙に書き出しておけば、試験前日はその紙を見直すだけでOK

おまけ:Udemyのここがすごい

①コースがスライドを使った講義形式の場合、ブックマーク機能がついている。さらに受講者が多くブックマークしたポイントを表示してくれるので、講義全体を聞かなくてもキモとなるスライドを押さえる事が可能。

②模擬テストの場合、回答後の問題をカテゴリ別/正解·不正解だった問題/スキップした問題などソート可能。 不正解の問題は、復習すべき講座を表示してくれるため即座に復習できる。苦手潰しに最適 ③オンラインで講師に質問できる(らしい)   ザクッと要点把握して効率重視に勉強するにはudemyの講義×練習問題の合わせ技が一番と感じます。

【udemyで使用したコース】 ISTQB Foundation Level Certification (CTFL) ISTQB Foundation Level Practice Exams

【シミュレーションシート共有】奨学金の繰上返還計画を具体的にシミュレーションしてみた

転職後初のボーナスをもらったところで、本腰入れて奨学金の返済計画を立てました。

返済期間を2年〜4年の期間でシミュレーションしました。

f:id:xyz0624:20210123190650p:plain

残り3年で返済完了する予定です

奨学金情報】

-現在の返還残額:1,927,768

-年間の返還額:171,120(月¥14,260×12)

Step1

まず、月賦返還残額を入力します。

f:id:xyz0624:20210123191534p:plain

月賦返還残額

Step2

年間の返済額を入力しましょう。2年で返済するパターン場合は2年分、3年で返済するパターンの場合は3年分入れましょう。

f:id:xyz0624:20210123191627p:plain

年間返還額


Step4

繰上額の合計が出ます。これを、返済したい年数に応じて割っていきましょう(繰越額/年)。

 

f:id:xyz0624:20210123191706p:plain

繰上額合計

私は年2回のボーナスで繰上げ返済するつもりなので、さらに半年ごとの繰上金額を出します。

 

以下、シミュレーション

2年で完済する場合:ボーナスから39万出すのは結構厳しい…

3年で完済する場合:23万かあ、これならいけるかも?

4年で返済する場合は15万か、これなら余裕だけど、4年後って私はアラフォーに差し掛かる…!やっぱりちょうどいいのは3年での返済が良さそう。

 

こんな感じでシミュレーションしてみました。

ちなみに、年齢の割に返還額が多いのは働き始めるのが26歳と遅いせいです!

 

ぼんやりと繰上返還を考えている方、重い腰を上げて、具体的に計画を立ててみませんか?私はこれで俄然やる気が出ました!

シミュレーション用スプレッドシート

シミュレーションに使用したスプレッドシートを共有します。

-シートをご自分のフォルダにコピーしてから使用して下さい(ファイル>コピーを作成)。

-赤い太枠に必要事項(1)、(2)を入力してください。

(1)月賦返還残額(元金)

(2)毎月の返還額

docs.google.com

xyz0624.hatenablog.com

 

xyz0624.hatenablog.com

 

ADHDと診断されるまで3年かかった話

f:id:xyz0624:20210121203334j:image

はじまりは、新卒入社

留年に大学院進学、海外留学、休学を重ね26歳で就活を始めた私は運よく新卒採用を獲得することができました。しかし入社して4ヶ月目にして早くも産業医の先生にお世話になることになったのです。

 

原因は、人間関係。

 

理詰めタイプの年長上司と働くことになったのですが、ミスするたびに「どうしてこのミスが起こったの?どうしたら防げるの?」が繰り返される毎日に、神経衰弱状態になり、自傷行為がぶり返す始末。

 

何とか社内の人事に相談するも、その人事から誘われたランチで「社会人なんてこんなもん、大袈裟」となぜか産業医との面談がなくなりかけました。しょうがないので過去に自傷行為で5針塗った経験を話し、必死で産業医との約束をキープしました。

 

産業医との面談で、「君、発達障害ぽいね」と言われたのですが、根拠もないのに失礼な!と怒りつつ心のどこかで自分の発達障害の可能性を疑うようになりました。

 

はじめての精神科

仕事でのトラブルが減らないまま入社2年目となり、クライアント折衝が多くなる業務につくことになりました。さらなるトラブルが増えることを恐れ、もしかしたら薬で治せる問題かも、と精神科のドアを叩くことにしました。

 

しかし医師は開口一番「何で診断が必要なの?」と診断名が欲しいだけの困った人扱いをされてしまいました。泣きながら今までの困りごと、今後への不安を語ると、納得?したらしく何とか検査を受けることができました。結果はシロでした。かなりパターナリスティック(父権的)な医師で、二度とこのクリニックには行かないと心に決めました。

 

あの医師の態度は、この本の影響だったのでしょうか?当事者には迷惑でした。

転職後のやらかし

 転職後も、環境は変われど本人が変わらないので当然ミスを連発。

勢いで大企業に転職してしまったため、周りは地頭が良い人が多く、私はかなり浮いてしまうようになりました。

こういうミスは減らして欲しい、とミスを減らすことを目標設定の一つに組み込まれてしまい、焦った私は別のクリニックを探すことにしました。

 

2度目の検査

近所だから、と適当に選び、直前で面倒になりながらも何とか予約した時間にクリニックへ。

今度の女医先生はとにかく困りに目を向けてくれる先生で、ストラテラの服薬を開始することになりました。服薬を始めたところ、子供用に使う量にもかかわらず効果てきめんでした。普通の人って、こうなんだ…とショックを受けました(たまにあるケースらしいです)。

 

その後受けたWAIS-III知能検査でも、動作性尺度と言語性尺度の差が歴然で、ADHDと診断されました。現在、自立支援の制度も利用しています。

sunao.clinic

 ふりかえって

現在は、上司にもオープンにして周りの協力を得ながら何とかやっています。

今思えば、最初に行ったクリニックで受けた質問紙形式のテストを受けた際は、どこかで自分は発達障害ではないと思いたい気持ちがあったのではと思います。本人がそう思っていれば当然回答も左右されますよね。

WAIS-III知能検査ではグレーどころか思い切りADHD傾向が出ていました。

薬の効果は大きく、私の人生は服薬前、服薬後で分けられると言っていいほどです。

最初に行ったクリニックで診断されていれば、、、と後悔することも多いですが、時間は戻りません。これからの人生をよりよくすることに全力を尽くしたいと思います。

 

オチ?になるか不明ですが、私が出た大学院というのは心理学系の大学院です(臨床心理士コースではない)。

発達心理学の授業で思い切り発達障害ADHDについて学んでいます。

誰だって物忘れくらいする、発達障害の境界はグラデーションのようなもの…という認識が、自分の特性について深掘りする機会を遠ざけていたのかもしれません。 

 


 


 

xyz0624.hatenablog.com

xyz0624.hatenablog.com

芥川賞小説 「推し、燃ゆ」感想

宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」が芥川賞を受賞され、インタビューを見ていた時の発言が気になってこの本を手に取りました。

 インタビューから、この小説が何らかの形で発達障害を描いた作品だとわかりました。

診断名を書かないという判断へのこだわりは
私としても悩んだところなんですよ。結局、この選択をしたのは、ただ病院に行くという話、くだり自体をなくしてしまうこともできたんですよね。なんですけど、現代でいえばそれが自然といいますか、そういうことが周知されてきて、環境によりけりですけど、そういうふうに診断するというくだりがあるのは自然だろうと思って入れて。

https://news.yahoo.co.jp/articles/723647a31707851af119594b61ab84e1c3cf7d2f?page=4 

 

物語は、主人公の「推し」がファンを殴ってしまい、ネットで炎上するところから始まります。

 

主人公の推し活を起点として学校やバイト先での日常が描かれるのですが、筆者は「肉体」もしくは「重さ」として、診断名は出さないまま、主人公の持つ苦しみを描写しています。

自分で自分を支配するのには気力がいる

主人公のあかりは、「肉体」と表すように、自分に付いて回る、積み重なる自分のできなさに苦しんでいるます。その苦しみから、重力を忘れさせてくれるのが「推し」です。

泣いた自分がくやしかった。肉体にひきずられ、肉体に泣かされるのがくやしかった。  

 

ちょっとした物忘れなんて誰もが覚えがあるでしょう。しかし主人公は、失敗を通して何度も何度も何度も自分の不甲斐なさに直面しています。その度対策をしても、あっという間に例外が現れて、また失敗してしまう。居酒屋でのバイトする描写は、読んでいて苦しくなりました。

 

人の知った顔におしぼりと枝豆を出し、お箸と灰皿を置いて、注文票を取り出す前に、ハイボール濃いめ、え、濃いめだと高くつくのかあ、ちょっと濃くしてくれないかなあと言うからあたしの体に記録されていたルートが分断される。

 

 どうしてできないないんて、あたしのほうが聞きたい。涙がせりあがる。

 

推しという社会との接点を通してこのしんどさを描いてくれたのが、本作なのかなと思います。

 

コミックエッセイや、それこそSNS発達障害当事者の声というのはよく目にするし #ADHDあるある なんていうタグも見かけますが、芥川賞作家の描写は突き刺さり方が違うなと思いました。

 

クリニックの先生にオススメしたい。

 

冒頭に置いたインタビューにあるように、筆者が描く現代の発達障害の受け止め方が文学として歴史に残るというのも貴重な出来事だと思います。

ラストは圧巻です。 

 

本の方は売り切れのようなので電子版リンク貼っておきます。 

xyz0624.hatenablog.com

xyz0624.hatenablog.com